word:ゲーム脳

word:ゲーム脳

概要

ゲーム脳(げーむのう)は、日本大学文理学部体育学科教授森昭雄が、2002年7月に出版した著書『ゲーム脳の恐怖』において提示した造語である。森はゲーム中の脳波を測定する実験によって「テレビゲームが人間の脳に与える悪影響」を見出したと主張しており、この状態を象徴的に表現したものである。しかし、主張の科学的正当性や根拠をめぐっては批判的な見解が多く、同書は2003年度の「日本トンデモ本大賞」にノミネートされている。

ゲーム脳 - Wikipedia

ゲーム脳に関しては、多くのブロガーは批判的であることは事実のように思える。上記項目でも詳しく説明されているように、実験の内容及び脳科学の見地からすれば、初歩的な間違いが多く、とても信憑性が薄い内容であるからだ。しかし、上記の書が、そのような初歩的な間違いにも関わらず、有名になり、またあちらこちらで森氏の講演が行われているのには様々な推測がある。それらの推測は以下の通りである。

  • 科学的な検証結果を行っているという装いに騙されやすい
  • ゲーム脳を読んでいる人間は、ゲームに偏見を持っており、ゲームを攻撃したいという欲望からそのように考えた

しかし、ブロガー文化がゲーム批判に対して甘いという側面も見逃してはならない。多くの人間は、自分の好きなものを貶された場合、それに対して反論したくなるのは筋だというものだろう。もちろん、ゲームに対して批判的な目は向けておかなくてはならないだろう。