説教したい人の研究

説教したい人の研究

概要

 コメント欄において、たまに「説教したい人」というのが現れることが多い。説教したい人というのは文字通り、弱音だったり、あるいは愚痴だったり、または批判などを行った場合に、相手に対して人格的な矯正を求める人のことを指す。彼らは決して悪いのではないのだが、しかし、その口調などの強さにおいて「お前は何様だよ」という反発や印象を受けたりもする。そして、このような不快感を覚えさす人々を特に揶揄する場合も多い。

不愉快なものが目の前に入ってきてしまった場合どうするか

 この問題は、恐らく不愉快なものが目の前に入ってきた場合、どうするかという考察が含まれることがあろう。つまり、弱音や愚痴や批判というものは同情を引くものであり、その人物に対して良い印象、あるいは親近感を持つ場合ならば好意的に思えるものだが、その人物に対して悪い印象を持つ場合、このような同情引きに反発することがある。そして、この反発感を解消するために、コメント欄に置いて「説教」をするのではないか、とも考えられる。