日本ブログ協会研究

日本ブログ協会研究

概要

日本ブログ協会とは、財団法人マルチメディア振興センターによって設立された団体である。その活動期間は約一年間だとされている(平成18年2月28日~19年3月末)。この期間の間、日本ブログ協会においての活動を見届けることにより、ブログとは何か?ということを考えたい。

参考URL

http://www.fmmc.or.jp/japan-blog/

現在の研究結果

日本ブログ協会の会員登録

日本ブログ協会に会員登録すると、ID及びパスワードが送られてくる。このIDとパスワードが余りにも解りやすく、また会員登録した全ての人間と共通なのではないか?という疑惑がある。説としてはid:nisemono_san氏において、アダルトサイトにおける無料動画のダウンロード方法と余りにも似ていることから、日本ブログ協会とはもしかしたら、このような無料動画のダウンロードをさせてくれる団体なのではないか?という説が出ている。

日本ブログ協会がもたらした影響

日本ブログ協会の立ち上げは、ブログ業界を激震させた。そして、様々な場所において、日本ブログ協会に対抗するべく新しいブログ協会の設立が行われている。

  1. 国際ブログ協会
    • 入会金は25万円、入会条件は「会長への絶対服従」。
  2. 銀河ブログ協会
    • 入会方法は不明
  3. ギャラクシーブログ教会
    • 入会方法は不明。ただし、信者になるにあたって様々な教義がしかれている。
  4. 運河ブログ協会
  5. 多摩ブログ協会
    • 入会方法は自由。
  6. バンクーバーブログ協会
    • 入会方法は「じゃあ,今日も楽しくネットサーフィンしましょうね.ィ~ハァ~♪~!」を書き込むこと。
  7. 太平洋ブログ協会
  8. 世界統一ブログ協会
    • 入会方法は不明
  9. 日本ブロガー協会
  10. B☆ING(Blog International New Generation)
    • 入会方法は不明。
  11. 超電磁ブログ協会
  12. 中央ブログ連盟
    • 入会方法は不明。設立中のこと。
  13. 日本エロブログ協会
  14. 甲子園ブログ協会
    • 協会加入の特典は「全国高校野球選手権大会の外野席無料招待」「ダイエー甲子園店地下二階、食品コーナーの一部商品が午後八時以降割引に」
  15. 犬日本ブログ協会
    • わんわんわわわん]
  16. 元祖!日本ブログ協会本家本元初代総本山
    • 入会方法は不明
  17. 大須ブログ協会
    • 他人のブログへのコメント(はてブ含む)の冒頭に、必ず『やっとかめ』と付けること。いらんモノはコメ兵に売ること。
  18. 太陽系ブログ協会
    • 入会方法は不明。
  19. 猫日本ブログ協会
    • にゃんにゃん。
  20. 汎宇宙ブログ協会
    • 入会方法はひれ伏すこと。
  21. ギリギリブログ協会
  22. 萌えブログ協会
  23. ご近所ブログ協会
    • 入会方法は私の家(gyogyo6氏の家)から半径50メートル以内に居住している方。

id:nisemono_san氏によれば、国際ブログ協会は新手の詐欺であり、ギャラクシーブログ教会はてなブログ原理主義者による過激派の集まりである*1他はノリに任せた開設か、あるいはブログ粉砕決算の為の偽造団体だという見解が述べられている。

また、バンクーバーブログ協会に関しては新たな催眠操作の可能性があり、危険だとして注意を述べられているが、認知心理学者の間からは、「その被害妄想のほうが危険だよ」と突っ込まれている。

また、太平洋ブログ協会に関しては、これは人類に対する武装蜂起が行われているのではないかという危惧がなされている。実際、インターネット過激派団体による連絡手段になりやすく、警戒を呼びかけている*2

また、日本ブロガー協会は、アルファブロガーなどと連携するという主張を打ち出しているため、近年、ブロガーを扇動等を行っている圧力団体の可能性が強く、ネオ日本ブログ協会は各弱小ブロガーに対して警戒を呼びかけている。

B☆INGに関しては、既にこの文章を書いている人間が飽きているというブロガーの悪い面が出ているため「まー、いいんじゃねえの?」とのこと。

日本エロブログ協会に関しては、近隣住民の噂によると事務局の周りに干からびた男性(元童貞)が散乱しており、息たえたえに「奴は化けもんや!性欲の日本海峡大瀬戸橋や!」と眼を開き、そして真っ白になった。現在、ネオ日本ブログ協会はかわいい少年達を独自の方法で保護しているという。

日本ブログ協会は、太平洋ブログ協会と似ており、恐らくは犬による過激派である危険性の声が上がっていると同時に、これはギャラクシーブログ教会の分派であり、はてなしなもんブログ原理主義の活動拠点ではないか?という二つの見方があり、議論が割れている。もし、これが正しいとするならば、第二の勢力としてなおや日本ブログ協会や、近藤日本ブログ協会などが設立されるのも時間の問題だといえよう。また、犬日本ブログ協会は高度な暗号技術*3を有している。

今後期待される各日本ブログ協会の活躍

ここによれば、各団体旗揚げによる団体同士の試合及び闘争が期待されている模様。ブログとこのような戦いは相性が良く、今後とも余りにも核心を突きすぎたブログエントリーを書いてしまった場合、「正直スマンかった」という謝罪や、あるいは思いがけないDISを行われたとき「キレてないですよ、私をキレさせたらたいしたもんですよ」という強がりを期待したい。

各団体の会員勧誘の激化

最近では、各団体における会員獲得競争も行われている。これらの会員獲得は恐らく、政府による予算獲得との密接な結びつきが強いのではないかという見方が強い。

*1:しかし、経営されているブログseesaaブログなので、これはブログ原理主義の中のツンデレ派ではないか?とブログ宗教学者の間では議論が揺れている

*2:関連:山椒魚戦争 (岩波文庫)

*3:関連:http://event.yahoo.co.jp/20040401babu/